ネットサービス





暮らしとショッピング







日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花






2008年12月23日

不況でも忘れない自分へのご褒美 節約志向の中の“一点豪華主義”

不況でも忘れない自分へのご褒美 NSJ日本証券

 節約志向の中の“一点豪華主義”

ケーキが不景気を救う?
不況が追い風…。今も昔も女性にとって「自分へのご褒美」でダントツ人気は「スイーツ」。例えば、近年、1粒数百円する高級チョコレートを「バレンタインデー」に自分用に買う女性が増えたと聞くが、今年は「クリスマスケーキ」をご褒美に買うケースが目立つ。

ただ、例年と違うのは、すごく高いものをたまに買うというよりは、1回当たりの出費を1000円以内に抑えて、ご褒美の頻度を高くする「プチ贅沢」として買っていくのだという。


「自分へのご褒美」というフレーズは「バブル期」に生まれたといわれ、女性の社会進出の増加とともに、次第に社会に定着。この言葉自体は“女性だけ”に限定するものではないのだが。女性の場合、当時はブランド品のバッグやアクセサリーなど高額商品を買うことが多かった。しかし、最近の不景気の影響で、ご褒美の単価が下がり「スイーツ」であれば、そこそこの予算で高級感が味わえるということが要因。そして「限定」や「王室御用達」といったものに引かれて買っていくのだという。

 ローソン、ダイエー、イオンなど


景気の減速で節約志向を強め、衣料品や高額品の苦戦が続く一方で、おせちやクリスマスケーキの需要が増している。コンビニのローソン(2651)では、おせちが昨年の1.5倍のペースで予約が入ったとし、百貨店の高島屋(8233)などでも、おせちの売上高が前年比2ケタ増と好調という。また、イオン(8267)やダイエー(8263)は12月上旬時点の予約個数が前年比で20%増。セブン&アイHD(3382)傘下のイトーヨーカ堂は前年並みだが、3万円弱の高額品の出足が好調のようだ。


そして、繁忙期の年末に、例年に増して行われている北海道物産展などの人気に関しても、その延長上で同じことが言える。これらが人気なのは、季節「限定」であり、自分ではなく、家族へのご褒美。また、経済環境が厳しい中、外食を控え自宅で過ごす「自宅派」の増加も要因と分析される。

海外旅行は数十万円掛かるし、温泉だって数万円の出費になる。しかし、各家庭で家族みんなで行える「食に関するイベント」では、費用はせいぜい2―3万円。費用対効果を考えるに安い買い物だ。節約志向の中の“一点豪華主義”。不況に深刻さが増すであろう2009年をかんがみるに、そこにヒントが隠れていそうな気がする。

おせち


おせち料理『博多』★2年連続グルメ大賞受賞!★楽天おせちランキング17週連続1位達成!たった...


【4年連続当店人気ナンバー1のおせち料理/冷蔵・全国無料配送・重箱入り】玉清 生おせち 曙 和...


【おせちご予約総数5000個突破】送料無料&生おせち【本陣 舞扇】関西和風おせち料理(二段重)34...
posted by terry at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック