ネットサービス





暮らしとショッピング







日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花






2009年05月31日

緑茶でのうがいで新型インフル予防 県茶手もみ保存会

緑茶でのうがいで新型インフル予防 県茶手もみ保存会 中日新聞


県茶手もみ保存会(勝又初郎会長、会員686人)は27日の三役会・委員長会で、新型インフルエンザ予防対策として、会員が緑茶でのうがいなどを率先して取り組むことを決めた。6月2日に県内18支部の代表が集まる理事会などで呼び掛け、運動を広げる。


 緑茶に含まれるカテキンの抗インフルエンザウイルス作用は、細胞レベルの研究で多数の成果が報告され、臨床試験でも有効性の高さが示されている。また、抗がん、抗菌など幅広い機能性が指摘されている。


 同保存会では、新型が流行する中、緑茶の保健作用をあらためて認識し、うがいのほか、茶殻を手洗いや掃除などに使っていく。かつては茶殻の水を絞って畳に散らしてきれいにしていた。これを集めて植木の肥料にも使うといったことは、生活の知恵でもあった。


 茶業界では、全国茶商工業協同組合連合会(加盟1700社)が、お茶でのうがいを呼び掛けるポスターを5月に全加盟店に配った。緑茶でのうがいを実践する問屋もあり、緑茶の活用が広がっている。 (松本利幸)


 袋井・森 産地問屋は消費地に地元茶の売り込みをかけている。

 掛川・小笠 雨のため茶園の管理作業は小休止。農家は二番茶に備えている。
 島田・金谷 産地問屋は生産農家と情報交換しながら二番茶の出回り待ち。
 川根 産地問屋は仕上げ、発送作業を進めながら、二番茶に向けた情報収集に努めている。
 牧之原 早場所では来週ごろから二番茶の摘採が始まる見通し。
 藤枝 藤枝市の茶商は共同企画した煎茶(せんちゃ)「藤枝めぐみ」の販売促進に努めている。

静岡茶天竜産100%!遠州 山のお茶「上煎茶」新茶を発送できます。インフルエンザ予防に緑茶!...

 
免疫力アップで風邪&インフルエンザ予防!豚インフルエンザ(新型インフルエンザ)対策にもエ...
posted by terry at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック