ネットサービス





暮らしとショッピング







日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花






2010年07月27日

熱中症対策 水分の補給を怠りなく

熱中症対策 水分の補給を怠りなく 琉球新聞


毎日うだるような暑さが続いている。この時期に気を付けなければならないのが熱中症だ。風通しの悪い高温多湿の場所で作業をしているときに、体温が上がり、頭痛、吐き気、めまいがすれば熱中症の疑いが強い。症状がひどいと死に至る。

 屋内にいても決して安心できない。気温と湿度が上昇すれば、安静にしていても発症する場合がある。

 予防するには、とにかく長時間熱暑にさらされないことだ。炎天下や気密性の高い室内で作業に従事したり、スポーツを楽しむときは、小まめに休憩し水分と塩分を取る。適度な塩分を含んだ食塩水やスポーツドリンクなどを用意してほしい。日傘や帽子で直射日光を遮るのも効果的だ。

 県の資料によると、めまい、立ちくらみ、こむら返りなどが起きるのが重症度I。重症度IIになると、頭痛、吐き気、倦怠(けんたい)感が表れる。県は(1)水分・塩分を取る(2)涼しいところで足を高くして休む(3)自力で水分補給ができなければすぐに病院に行く―などの対処法を挙げている。

 意識がなくなったり、けいれんが起きたり、受け答えが異常になったりすれば重症度III。この段階になると命にかかわる恐れがある。首、脇の下、足の付け根などを冷やして、直ちに救急車を呼ぶ必要がある。子どもの場合、遊びに夢中になっているうちに重症化することがある。保護者は、子どもが熱暑にさらされていないか、十分に気を配ってもらいたい。入院する事態にでもなれば、せっかくの夏休みが台無しだ。
 体温を調節する機能が衰えた高齢者は熱中症にかかりやすい。このところ、猛暑による死者が全国で相次いでいるが、ほとんどが高齢者だ。自分では気付きにくいので、周りの家族らが絶えず健康状態を目配りすることが大切だ。

 県内での発生要因を見ると、就労中の屋外作業が最も多い。雇用主が、熱中症にならないように注意していれば防げたケースがほとんどだろう。

 高齢者だけでなく、運動不足の人、太り過ぎの人、病気にかかっている人も要注意だ。普段から適度に運動し、体調を整えていれば、リスク(危険)は減る。

 県民一人一人が用心を怠らなければ確実に予防できる。職場や家庭で対策を話し合い、熱中症への認識を深めたい。





posted by terry at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック