ネットサービス





暮らしとショッピング







日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花






2013年08月08日

全国108地点で猛暑日 水分補給に人気の「マイ水筒」使い方に注意

全国108地点で猛暑日 水分補給に人気の「マイ水筒」使い方に注意 FNN

日までの不安定な天気から一転、7日は列島を猛烈な暑さが襲った。
暑い日の水分補給に人気なのが、手軽に持ち運べる「マイ水筒」だが、使い方には注意が必要となる。
山梨・甲府市の人は「子どもも暑さに参っていて、毎日プールに行ったりとか。アイス食べたり」と話した。
山梨・甲府市で38.5度など、列島各地は朝から気温がぐんぐん上がり、猛烈な暑さになった。
7日は立秋、暦のうえでは秋の始まりだが、愛知・名古屋市内では、午前10時半の時点で、手元の温度計で38度を示した。
じりじり照りつけるような暑さとなった。
7日は、全国の108地点で、35度を超える猛暑日を記録する厳しい暑さとなった。
群馬・前橋市の人は「これから、夏本番になってきますけど、暑さに負けちゃいそうです、きょうで」と話した。
午後1時前の東京・日比谷公園で、手元の温度計では、34度を指した。
日なたにいると、汗が噴き出る暑さで、じりじりと肌が焼けているのがわかる。
日陰に入っても、まだまだ暑いが、少しだけ暑さが和らぐ。
東京都心の最高気温は34.5度で、気象庁は、列島の広い範囲に高温注意情報を出し、熱中症への警戒を呼びかけた。
この熱中症対策に欠かせないのが、水分補給。
街では、マイ水筒を持ち歩く、多くの人の姿が見られた。
マイ水筒持参の人は、「(水筒は何の目的で?)熱中症になったら、困るので」、「(マイ水筒は)のどが渇いたときに、すぐ飲めるように」などと話した。
手軽に持ち運べて、節約にもなるとあって人気のマイ水筒。
マイ水筒持参の人は、「学校は、水しかないから」、「時間がたっても、冷たいです」などと話した。
しかし、この水筒の使い方について、意外と知られていない注意点があった。
人気のマイ水筒だが、入れる飲み物や手入れの仕方など、使い方には注意が必要だという。
現在、携帯用の水筒の多くは、軽くて丈夫なステンレスなどの金属製の魔法瓶で、保温保冷機能があるもの。
東京都福祉保険局は、こうした金属製の水筒の使い方を誤ると、中毒症状などを起こす可能性があると、注意を促している。
水筒内の小さな傷が原因で、飲料に銅が溶け出し、中毒となった可能性があるという。
マイ水筒持参の人は、「(“中毒”の事例は)知りませんでした。怖いですね」、「洗いにくいですね。わざわざだから、水筒のためにスポンジを用意している」などと話した。
スーパーニュース取材班は、大手魔法瓶メーカーを訪ね、マイ水筒を使用する際のポイントを聞いた。
まずは、水筒に入れる飲み物についての注意点。
サーモス マーケティング室の簑島久男さんは「スポーツドリンクは、塩分を含んでおりますので、ご使用後は、丁寧に洗っていただきまして、よく乾かしていただくのが、ポイントとなっております。牛乳ですとか、あとは乳飲料は、できるだけ早めに飲みきっていただくことをお願いしております。理由といたしましては、どうしても中身が、温度が上がってしまいますと、腐敗する危険性がございますので、そのようなお願いをさせていただいております」と話した。
さらに、水筒の洗い方など、日々の使用方法について聞いた。
サーモス マーケティング室の簑島久男さんは「内側の方、通常の柔らかいスポンジで洗っていただいていれば、傷つくことはないんですけれども、金だわし、そういったものを使ってしまうと、傷がつく可能性がありますので、ご遠慮いただければと思います。しっかり洗っていただきまして、しっかり乾燥させていただくことが重要になってまいります」と話した。
現在は、スポーツ飲料を入れても大丈夫なタイプのマイ水筒も販売されているということで、自分の用途にあわせて、購入前に確認することが重要となる。




posted by terry at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック