ネットサービス





暮らしとショッピング







日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花






2013年08月09日

韓国食文化探検〜『カムジャタン』が美味しい店にハズレはない!

韓国食文化探検〜『カムジャタン』が美味しい店にハズレはない! ネットアイビーニュース


「カムジャタン」という韓国料理をご存知だろうか?「カムジャ=ジャガイモ」、「タン=スープ」、直訳すれば「じゃがいものスープ」、実際は「豚の背骨とジャガイモを煮込んだ鍋」を表す。 韓国料理と言えば、キムチ、ナムル、チゲなどが日本人にも有名だが、ある日本の官公庁に勤務する韓国人通訳は「カムジャタンが美味しい店は他のメニューも美味しい」と指摘する。カムジャタンの味の善し悪しは、店のレベルを示すバロメータとなっているのだ。
 肉が少し付いている豚の背骨を長ネギやショウガ、ニンニク等と一緒に長時間煮込み、皮を剥いたジャガイモを丸のまま一緒に茹で、大量の唐辛子やコチュジャン、テンジャン、醤油、塩などで味付けをするカムジャタン。店によってはエゴマの葉なども加える。
 韓国にはカムジャタンの「専門店」も多く、24時間営業の店も少なくない。食事のメインとしての位置づけだが、飲んだ翌日の酔い覚ましスープとしても重宝される。福岡に住む韓国人通訳は「カムジャタンの味の決め手は『ダシ』にあります。ダシが美味しく取れる店は食材も厳選して使っている。だから「カムジャタンが美味しい店にハズレはない」と言われるのです....」と話す。
 夏バテ予防にも適している。カムジャタンは若干の辛さがある。「辛いものを食べ、汗をかき、新陳代謝を良くして夏バテを防ぐ」というのは定番だが、カムジャタンは野菜が豊富。栄養バランスも一層高まり、辛さとニンニクで食欲を増してくる。一緒についてくる白ご飯をスプーンですくい、ダシの効いたスープに浸して食べる。ご飯を全部、スープの入った鍋にぶっこむというやり方も可である(ただし、韓国では一般的にご飯の碗を手に持って食べない)。美味しいカムジャタンのスープに出会えば、白ご飯は何杯でもいける。
 猛暑の夏、夏バテ防止に、そして、韓国文化への理解を深めるために「カムジャタン」を食してみてはいかがだろうか?


posted by terry at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック