ネットサービス









暮らしとショッピング


PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花






2014年10月29日

「女子会」に商機 百貨店お歳暮商戦本格化



関西の百貨店でお歳暮の予約受け付けが始まり、本格的なお歳暮商戦がスタートした。各百貨店は「女子会需要」に着目し、スイーツやオードブルなど女性をターゲットにした商品や新店舗オープンを記念したオリジナル限定品など趣向を凝らした提案で顧客拡大を狙う。

安倍政権が女性の活用を今後の成長の柱と位置付けたことで、「働く女性」をターゲットにした商品を積極的に展開する高島屋大阪店(大阪市中央区)。15日から商戦がスタートした同社では「関西5店舗で前年同期を約3%上回っている」(21日現在)と好調な滑り出しを実感。近年2桁増の伸びを示すインターネット受注も強化した。

 増加が予想される「女子会」に備えて、マカロンや焼き菓子など女性たちが集まって開くパーティー用のスイーツやシャンパン、オードブルなどを豊富に準備。お歳暮本来の儀礼的なギフトから、堅苦しくないパーティー形式で感謝を伝えられるスタイルへの転換を意識。竹村仁孝ギフト政策担当課長は「さまざまな切り口で若い人の需要を喚起したい」と話す。

 近鉄百貨店ではことし3月にグランドオープンしたあべのハルカス近鉄本店(大阪市阿倍野区)にちなんだ限定商品、あべのハルカスのロゴ入りチョコレートの詰め合わせなどを紹介。クリスマスや新春など歳暮需要以外の贈答に対応したオードブルなども充実させた。「オープン効果に期待したい」(同社総務部)と、あべのハルカス近鉄本店は前年比5%増を目指す。

■こだわり
 消費税増税の影響はお中元商戦と同じく「ない」とみる各百貨店。ただ、大丸・松坂屋では、こだわりの商品を求める人と節約する人と消費行動の二極化が進み、1万円の価格帯の受注が増える一方で、4千円、2千円の商品の受注が増えているという。

 「人気のあるブランドやこだわり、付加価値のある商品、希少商品を充実させた」と同社広報担当。自分向けの購入や、売れ筋の洋菓子や高級ワインを増やして対応する。

 商品を実際に食べてもらうとともに、思いを聞いてもらおうというのが阪急うめだ本店(同市北区)。同店がこだわる「物語のある」商品について、携わった人気パティシエや生産者らが商品に込めた思いやおいしい食べ方などを紹介するトークショーを6日間にわたり開く。「歴史的背景や素材のこだわりなど商品の魅力を一層感じてもらいたい」。阪神梅田本店(同)でも日本の食文化を前面に出し、攻勢をかける。


ラベル:女子会 歳暮
posted by terry at 08:33| Comment(1) | TrackBack(0) | お歳暮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あっそびにきました〜♪
楽しそうなブログですね(^○^)
また遊びに来ます!
これからも一緒に頑張りましょう!
Posted by 蒼汰くんのファン at 2014年11月17日 11:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック