ネットサービス





暮らしとショッピング







日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花






2016年03月10日

ホワイトデーの後も楽しめる!白飯に合う特産品



働く女子に喜ばれる、おすすめ食品

3月14日はホワイトデー。働く女性たちに喜ばれるのは、白いご飯に合う「ご飯のおとも」。日本全国の食品を取り扱うセレクトショップのスタッフに、季節のおすすめ食品を聞いた。

「ホワイトデーを前に、男性のお客さまからの相談が増えています」

そう語るのは、梅野佳世さん。梅野さんが勤務する秋葉原の「日本百貨店しょくひんかん」では、全国の地方の美味しい食品多数を扱っている。日本百貨店は、日本各地の良いものを紹介し販売しているセレクトショップである。

「カワイイもの、素敵なものもいいと思いますが、大人の女性は意外と、しっかり食べられる美味しいものも好きですよね」

バレンタインのお礼は、ハートだけでなくお腹をもキャッチする美味を贈るのが吉というわけだ。

「特に仕事をしている女性は、日頃なにかと忙しいですよね。なので、時間の節約にもなる美味しいものは喜ばれます。全国のご当地の加工食品に、気の利いたものが多いですよ」

ご飯のおともは働く女子が喜ぶ鉄板アイテム!

「一番のオススメは、何といってもご飯のおとも。朝ご飯が美味しいと、一日の気分が違いますよね」

と、梅野さんが取り出したのが、「雲南山椒ジャコのり 頼むからごはんください」という瓶詰。岩海苔(のり)とジャコを材料に作ったご飯のおともだが、島根県雲南市の特産品、雲南山椒(さんしょう)が香りと辛味を添えている。ちなみに雲南市エリアは、奈良時代から知られた山椒の産地。

「これを白ご飯にのっけて食べると、朝からテンションが上がります。パッケージに『頼むからごはんください』というコピーが書かれていますが、本当に、ご飯と相性のいい一品です」

ご飯にのっけてみると、かくのごとし。

編集部も、ご飯にジャコのりをのっけて、ひとくち。ウマい!と、思わず声が出る。

ご飯とジャコ、海苔という鉄板の組み合わせ。磯の香りに混ざって、雲南山椒のスパイシーな風味と辛味が鼻腔を突き抜ける。



白ご飯にのっけては食べ、のっけては食べが、とまらない。「頼むからごはんください」と言いたくなる気持ちが、よくわかる。

「次は、卵かけご飯専用の極上ソウダ節です。これも非常に喜ばれます」

卵かけご飯に鰹節(かつおぶし)とは意外だが、これは、卵かけご飯に合うように薄く細かく削った削り節。手に取ってみると、羽根のように軽く、しかし香りは高い。

「ソウダガツオの鰹節は、味が濃くて、コクがあります。ご飯にかけて卵を落として、そこに醤油をひとたらしするだけで、気分はパラダイスです」

食べてみると、ウマい!

削り方が薄く細かいため、ご飯と卵との混ざり具合が絶妙。最高のおかかご飯と卵かけご飯のミックスは、なんとも贅沢だ。

「ご飯のおともも喜ばれますが、お酒に合うものも間違いないですよね」

梅野さんが手にしたのが、「広島呉名物・鳥皮みそ煮」の缶詰である。

広島県呉市の居酒屋でよく出されている、鶏の皮の味噌(みそ)煮だ。コラーゲンたっぷりの国産鳥皮をネギやコンニャクなどの具材と共に3種類の味噌で煮込んである。

「もともとが居酒屋の煮込みですから、ご飯とお酒、両方に合いますよ」

ご飯の上にトッピングすると、絶対にウマいという佇(たたず)まいに。口に運ぶと、鳥皮のプルプルした食感と味噌のピリ辛の味わいが絶妙。ネギとコンニャクもいい仕事をしている。

鳥皮みそ煮(130g)

鳥皮みそ煮(130g)
価格:280円(税込、送料別)



これだけでも十分、ビールのおともとして成り立つ。

「最後は、『具の9割牛タン仙台ラー油』です。ここ数年、食べるラー油がブームですが、これは、具の9割が牛タンという気合いの入った食べるラー油です。牛タンの味わいとラー油のピリ辛加減がたまりません」

ご飯と一緒に食べると、一気に“口福”に。

牛タン 仙台ラー油

牛タン 仙台ラー油
価格:771円(税込、送料別)



「ビールにも合いますが、この牛タン、ボディのしっかりした赤ワインとの相性もいいんです」

ホワイトデーをきっかけに、全国のご当地がつくっているご飯のおともを試してみるのも楽しいかもしれない。

posted by terry at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ホワイトデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック