ネットサービス









暮らしとショッピング


PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花






2017年05月11日

【母の日】花をもっと楽しむアレンジ術



14日は母の日。ちょっとしたアイデアでお花をより楽しめる「インテリアアレンジ」を人気のお花屋さんに聞きました。

■花を最後まで楽しむ活用術

 小田急線・下北沢駅のすぐそばのお花屋さん「Hanahiro」。“母の日用”のギフトとして用意されていたのは、顔の花瓶に花の帽子をかぶったものや、花でできたクマなどのかわいらしい商品。店長によると、今の母親は若々しい人が多く、年配の人も、華やかでポップなものを好む人も多いといいます。オススメのインテリアアレンジについて聞いてみると―

 蒲田さん「ちょっと首が垂れてきてしまったお花とかは、首を切ってしまって、こうやって(逆さのグラスの中に)入れてしまえばすごくステキな感じ」

 逆さにしたグラスの下に皿を置き、そこに水を注げば、数日は持つそう。お皿や花を変えれば、また違ったインテリアとして楽しめるそうです。

 蒲田さん「そのほかに、お花が少しダメになってきてしまいましたら、こういった簡単なボトルとかが家にあると思いますので、ちょっとちぎったモノを入れてくださるだけで、すごくかわいらしいと思いますね」

 花を飾って楽しんだ後は、思い切って花びらをちぎり、ビンの中へ。水を注ぎ、少し漂白剤を垂らせば、数日はインテリアとして楽しむことができます。

■「紙袋」でいつもと違う演出を

 続いては、川崎駅にあるお花屋さん「bloomin!」へ。母の日用の豪華な「プリザーブドフラワー(生花を長持ちするように加工したもの)」や老舗和菓子店の商品付きのギフト、ビビッドな色合いのブーケなどと幅広い好みに対応する商品がありました。ここで教えてもらったインテリアアレンジは―

 大久保さん「紙袋の中に小さいカップで、お水を入れていますので、そこに生ければどんな紙袋でも大丈夫です」

 花瓶ではなくても、紙袋に生ければ、またいつもと違ったインテリアに。他にもトートバッグや長靴だって、合わせれば意外にもお花とマッチするそうです。

 
posted by terry at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 母の日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449776253
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック