ネットサービス





暮らしとショッピング







日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花






2017年07月05日

自分へのご褒美 ギフトセットでしか飲めない限定ビール



お中元シーズン本番だ。お世話になった人への贈答の儀礼は以前ほどではない一方で、最近、「自分へのご褒美」としてギフトを買う人々がいるという。中でも注目は、ビールギフトだ。

「もともとビール好きですが、ここ2、3年は親戚に贈るついでに、自宅へも発送します。ギフトセットの中に、普段、スーパーで買えない商品が入っているモノを選んでね。味や香りが違うし、届くのが楽しみ。トクベツ感があるしね」

 こう言うのは、50代のサラリーマン。実際、各社のHPをチェックすると、同じブランドの缶ビールでも、スーパーや酒屋では姿を見かけない限定商品が存在する。

「今年、スーパードライは30周年を迎えます。夏ギフトの中では、『スーパードライ ジャパンスペシャル』が、今年初登場、今年だけのギフト限定商品。麦芽、ホップなど原料がすべて国産で、辛口のコンセプトそのままに普段と違ったスーパードライを味わうことができます」

真ん中のラベルが金色で目立つ。特別感アリだ。

 サッポロビールは2種類がスタンバイ。緑色が鮮やかな「ヱビスザ・ホップ」と、こげ茶色の「深み味わうヱビス」。前者は「ドイツ産ホップを使用し香りとうま味が違う」(同社広報担当者)そうで、後者は麦芽の量を増やし凝縮したうま味を出したという。

缶だけじゃない。瓶タイプも見逃せない。キリンの「一番搾り プレミアム」は、東北産の第一等品ホップを使い、極上の一番搾り麦汁のみを使用したぜいたく品。風呂上がり、ベランダで空ける1本にピッタリ。

 高級感ならサントリー「〜ザ・プレミアム・モルツ〜マスターズドリーム<無濾過>」も負けてはいない。黒い瓶に白のラベルで、無濾過製法ならではの味わい、甘味、そして余韻が特徴。缶ビールだが、「<香る>エール芳醇」とプレモルの「黒」もギフト限定なのでお忘れなく。

 価格はサイズによるが、3000〜5000円が目安。探すのが楽しみだ。

 
posted by terry at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | お中元 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック