ネットサービス





暮らしとショッピング







日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花






2017年09月06日

お試しキャンプで自然と歴史堪能 新潟秋葉区「石油の里」



新潟市秋葉区の「石油の里古代館」周辺の芝生をキャンプ場として整備し、地域を支えた石油産業を発信する足掛かりにしようと、モニターキャンプが2、3日に初めて開かれた。参加者はキャンプに加えて近くの石油産業遺構も巡り、緑豊かな里山と地域の歴史を味わった。

 新津観光協会(同区)が主催。同協会や新津商工会議所関係者の親子連れら約30人が参加した。

 県キャンプ協会スタッフの協力を得て、大小のテント7張りを芝生の上に設置した。子どもたちは、まきで火を起こして飯ごう炊飯を体験。天候に恵まれ、寝る前には夜空にまたたく星も楽しんだ。

 2日目は、秋葉丘陵にある石油をくみ上げる装置「ポンピングパワー」を見学するなどした。矢代田小5年、星玲央さん(10)は「住んでいる近くに、野外でいろいろ体験できる場所があることが分かり、意外だった」と話していた。

 新津観光協会は「屋根付きの炊事場が無いことが課題。また、余裕を持ってテントを張るために芝生の一層の拡充が必要なことが分かった」としている。

 同協会は10月に同所で、モニターによるバーベキューイベントを開くほか、今後は一般参加者を募るモニターキャンプも計画。参加者の声を聞き、本格的なキャンプ場にしていくための課題を探る方針だ。

posted by terry at 08:50| Comment(0) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: