ネットサービス





暮らしとショッピング







日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花






2018年11月13日

きょうは立冬 京都では冬の風物詩「千枚漬」漬け込み作業が最盛期



きょう(7日)は、立冬です。京都では冬の風物詩「千枚漬」の漬け込み作業が最盛期を迎えています。

 2.6ミリの薄さに削られていく聖護院かぶら。京都市伏見区の老舗漬物店「大安」では、昔ながらの手法で千枚漬の漬け込み作業が行われています。塩漬けしたあと昆布と秘伝のたれの中に3日間ほど漬けると、千枚漬けの完成です。聖護院かぶらは立冬の頃に漬け込まれたものが最も美味しいとされています。

 今年は台風などの影響が心配されましたが、かぶらの収穫量や味は例年通りだということで、お歳暮やおせち料理用に全国に出荷されます。


千枚漬 S-30

楽天で購入
posted by terry at 09:16| Comment(0) | お歳暮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: