ネットサービス





暮らしとショッピング







日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花






2020年10月27日

今年はおうちで!いつもの食卓にプラスできるハロウィンおかずレシピ【管理栄養士が教える減塩レシピ】



毎年この時期はハロウィングッズやおかしがあちこちに並んでいますね。 今年はまだまだ自粛ムードで、おうちでハロウィンを楽しむ方も多いのではないでしょうか。
今回はいつもの食卓にプラスできる、ハロウィンっぽさが出るおかずを2品ご紹介します。
サイドメニューとして手軽に調理できて、作り置きもできるレシピとなっています。 ハロウィン色を使い、目でも楽しめるレシピとなっているので、参考にしてみてください。

かぼちゃとレーズンのヨーグルトサラダ

【材料】(1人分)
かぼちゃ 80g
レーズン 大さじ1/2
プレーンヨーグルト 大さじ1
マヨネーズ 小さじ2
胡椒 少々
パセリ 少々

【作り方】
1.かぼちゃは一口大に切り、600Wの電子レンジで3分加熱する。

2.熱いうちに粗くつぶし、レーズンを加える。

3.ヨーグルト、マヨネーズ、胡椒を加え混ぜ、冷蔵庫で冷やす。

4.うつわに盛り、パセリを散らしたら完成。

ハロウィンの定番かぼちゃを使った、レンジで作れるもう一品に最適のレシピです。 かぼちゃの甘みとヨーグルトの酸味、マヨネーズのコクがよく合います。見た目も鮮やかで食卓を華やかにしてくれる、ハロウィンにぴったりのサラダです。

かぼちゃの皮にも栄養が豊富に含まれているので、取り除かず一緒に潰しましょう。 このままサラダとして食べるほか、一口大に丸めて茶巾しぼりのようにしたり、ジャック・オー・ランタンのように飾り付けするのもいいですね。 作り置きもできるので、普段の常備菜にもおすすめです。

食塩相当量:0.2g

紫キャベツと柿のマリネ

【材料】(1人分)
紫キャベツ 50g
柿 1/4個
くるみ 10g
★オリーブオイル 小さじ1
★酢 小さじ1
★ハーブソルト 小さじ1/4

【作り方】
1.紫キャベツと柿は5mm程度の短冊切りにする。くるみは粗く砕く。

2.★の調味料と和え、10分ほど味をなじませ、うつわに盛り完成。

柿を使ったちょっと変わったサラダです。 紫キャベツと柿のオレンジ、食材の色を生かしました。 ハロウィン色の和え物は見た目でも楽しむことができ、食卓を鮮やかにしてくれます。 くるみの食感もアクセント。 余裕がある時は一度炒ってから和えることで香ばしさが増しますよ。

柿は熟れたものより少し固いものを選びましょう。 紫キャベツも少し太めに切ることで、食感を楽しむことができます。

食塩相当量:0.3g

* * *

普段ハロウィンは特別なことをしていない、という方もサイドメニューでプチハロウィン気分を楽しんでみてはいかがですか。

文/矢崎海里(やざき・かいり) 管理栄養士やフードスペシャリストなどの資格を生かし、企業で働く傍ら、Webメディアでも活動。おいしく食べて健康になれるごはんを研究中。

posted by terry at 08:51| Comment(0) | ハロウィン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: