ネットサービス









暮らしとショッピング


PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花






2017年08月10日

一流レストランが認める最高食材を手頃な価格で味わえる。生産者指定のBBQオープン!「FARMERS BBQ(ファーマーズバーベキュー)」 8月26日(土)に湘南台で初開催!



[株式会社ファーマーズバーベキュー]
〜みやじ豚の宮治勇輔プロデュース。「食育」・「生産者と生活者を繋ぐ」全く新しいBBQ〜

株式会社ファーマーズバーベキュー(神奈川県藤沢市 代表取締役 宮治 勇輔)は、毎週土曜日に、藤沢の弁慶果樹園(神奈川県藤沢市遠藤6190)にて毎週土曜日に開催する農家指定のこだわり野菜とみやじ豚を使用したBBQイベント「FARMERS(ファーマーズ) BBQ(バーベキュー)」を2017年8月26日(土)よりスタートします。

FARMERS BBQは「生産者と生活者をつなぐこと」と「食育」をテーマに、全国の指定農家から仕入れたこだわり国産野菜と湘南の豊かな環境で育ったみやじ豚を使用したメニューを提供する全く新しいBBQです。一番の特長は、ミシュラン星付きレストランなど、一流レストランが認める最高級の食材使用していること。シンプルな味付けで仕上げたオリジナルメニューは、BBQの概念を変えるほど絶品です。素材本来の最高の味わいをお手頃価格で、大人から子どもまで誰もが楽しめる夢のBBQイベントが藤沢に誕生します。

■FARMERS BBQ公式サイト: https://farmersbbq.jp/

「FARMARS BBQ」は、2017年8月に株式会社みやじ豚の代表である宮治勇輔を発起人として、全国の生産者並びに、農薬・化学肥料不使用の野菜を販売する「坂ノ途中」、全国の農家・漁師から食材を購入できるスマホアプリの「ポケットマルシェ」、全国の農家から農薬・化学肥料不使用の農作物を購入できるオンライン直売所の「食べチョク」、生産者を特集した情報誌と、彼らが収穫した食べものがセットとなって届く食べものつき情報誌を展開する「山形食べる通信」と「京都食べる通信」、福島の誇りを持った生産者と生産者を応援する人々が集うファンクラブ「チームふくしまプライド。」等と、食材の供給を連携することで誕生しました。
宮治は、全国のこだわりを持った生産者とつながり、彼らの「本物の美味しさを生活者に届けたい」という想いに触れる中で、「生産者と生活者を繋ぐ方法」を考え続けてきました。また、過去に取り組んできたみやじ豚BBQを通じ、参加者から「子どものために安心・安全な良い食材を使ったBBQをもっと開催してほしい」という声を頂いておりました。そこで宮治は、全国の生産者や彼らを束ねる団体と連携し、全く新しいBBQイベントの展開を構想しました。彼らの食材は、高級レストランなどで提供している最上級のものや、美味しさは抜群にも関わらず世の中には認知されていないものばかり。それをあえて食材本来の美味しさを活かすBBQというシンプルな形で提供することで、大人はもちろん次世代を担う子どもたちに「食材本来の美味しさ」や「農家の想い」などを伝えられると考えました。

「FARMARS BBQ」では、坂ノ途中が厳選した農薬・化学肥料不使用の野菜とみやじ豚を中心に構成されたBBQメニューを提供する「BBQイベント」を毎週土曜日に開催するほか、月に1回の頻度で、ポケットマルシェ、フィッシャーマンジャパン、食べチョク、山菜ガール、チームふくしまプライド。等のパートナーとコラボレーションした全国各地の農産物と生産者の取り組みを知る「食育BBQイベント( https://farmersbbq.jp/premiumbbq/ )」を開催していきます。毎週土曜日に開催するBBQイベントの価格は、当社の生産者とのネットワークを活かして、3,990円という手頃な価格での提供を実現。生産者に日本一ちかいBBQ会場を目指して、また「子どもに食べさせたい食材」を集めた食育の場としても情報発信をしてまいります。

【FARMERS BBQ概要】
・ 名称 :FARMERS BBQ(ファーマーズバーベキュー)
・ 所在地 :神奈川県藤沢市遠藤6190
※ 最寄り駅の湘南台駅からはバスでは15分。「慶應大学」で下車してから徒歩で10分です。
※ タクシーでは湘南台駅から約15分です。
・ 営業日 :毎週土曜日
・ 営業時間帯 :12:00-15:00
・ HP :https://farmersbbq.jp/
・ 駐車場(無料):小型車 100台

【価格】 FARMERS BBQコース(メニュー6品、ソフトドリンク飲み放題)
・高校生以上の大人:3,990円
・中学生:2,000円
・4歳〜小学生:1,000円
・3歳以下: 無料
※ 価格は税抜き表記です。
※ アルコール飲料はお持ち込みください。

posted by terry at 08:49| Comment(0) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

都心の屋上でジョッキを片手にバーベキュー!──夏のビアガーデンは手頃にスタイリッシュに



ビルの屋上ビアガーデンは、都会の夏の風物詩。近年はバーベキューもできるタイプがトレンドだ。

最近の屋上ビアガーデンは、カジュアルながらも洗練された空間で、バーベキューもできるハコが大人気。こんな新種のビアガーデンを手がける母体の多くはいま勢いのある外食企業だ。

たとえば池袋や吉祥寺で「ザ ルーフトップ バーベキュー ビアガーデン」を運営するのはベイクルーズ。本業はアパレルだが、数年前からフード部門が活発化し、「ゴリラコーヒー」や「ルークス」などの人気店を多数展開しているのだ。

そんなベイクルーズの飲食ブランドのひとつである「J.S. バーガーズカフェ」が毎年夏に営業しているのが、このビアガーデン。コンセプトは毎年異なり、5回目の今年は”サーフ&ターフ”をテーマに、ニューヨーク州最東端のサーフタウン「モントーク」をイメージした空間でバーベキューコースを楽しむ趣向だ。

ロメインリーフサラダやスモーキートルティーヤチップスなどの前菜に続いて登場するバーベキューの食材は種類豊富で、オリジナルのソースも秀逸。有頭海老にはケイジャンソース、チキンにはガーリックとビネガーを効かせたホースラディッシュマヨソースと、数種のソースで味の変化を楽しめる。そして〆は「J.S. バーガーズカフェ」のバンズに自分で具材を挟んで作るハンバーガー。アメリカ南部発祥の「プルドポーク」は豚肉を焼いてフォークで引き裂いた料理だが、これを自分で作り、コールスローとチリビネガーバーベキューソースと合わせて具材にするのだ。アウトドア料理のバーベキューも、ここまでアメリカンスタイルを貫くとスタイリッシュ。

コースは生ビールやカクテルなど約30種類のドリンク飲み放題付きで、120分制。手頃に夏の気分を満喫できるとあり、大盛況である。

プルドポークバーガー コースの〆はセルフメイドのハンバーガー。グリルした豚肩ロース40gをフォークで引き裂き(プルド)、「J.S. バーガーズカフェ」のバンズに挟んで作る。

posted by terry at 09:11| Comment(0) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

モテるハーブの意外な顔ラムチョップBBQ モテるハーブの意外な顔ラムチョップBBQ モテるハーブの意外な顔ラムチョップBBQ



◆ラムチョップのBBQ焼き・ローズマリー風味
【材料】
ラムチョップ 4本
マリネ用
・プレーンヨーグルト 大さじ2杯
・ローズマリー(みじん切り) 2枝分
・塩 小さじ1/2杯
・にんにく(すりおろし) 小さじ1/2杯
・粉チーズ 大さじ1杯

【作り方】
  マリネ用の材料をすべてボウルで混ぜ合わせ、ラムチョップに塗り込んで15分ほど置き、魚焼き用のグリルで12〜3分ほど焼く。
ハンサムが演じる三枚目は最強説

 二枚目の男子に三枚目を演じられたら、もうお手上げだ。

 最近、カレーを紹介するテレビ番組で共演させてもらった役者さんが完全にそのパターンだった。恐ろしくハンサムなのに黒ぶちメガネをしてハンサムを前に出さない。しゃべったらとにかく面白い。モテるに決まってる。ずるい、三枚目を演じる二枚目はずるすぎる……。

 このことを最初に実感したのは、高校時代だった。何を間違えたか、県下有数の進学校に通うことになった僕は、同級生の男子にハンサムなやつが山ほどいることにすぐに気がついた。頭がよくてかっこいい。そして、仲良くなっていけばいくほど彼らが人前でおバカなふるまいばかりするのが目についた。じっとしていればいいのに徹底的に三枚目な行動を繰り返す。道を1本挟んだ隣の高校の女子からモテまくっていた。僕はふてくされて部活の練習もサボり、麻雀に明け暮れた。あの時に学んだことは大きい。

モテるハーブはローズマリー

 ローズマリーは、ハーブの中で最も二枚目な存在なのかもしれない。まず姿がキリリとしている。薄緑色の茎にびっしりとついた葉は力強い深緑色をしている。太く短い針のような形をしていて、まるで「細く長く生きる人生になんか興味ないぜ」といった具合でかっこいい。

 香りの強さもハーブの中でも群を抜いている。鼻に近づけて思い切り息を吸い込んだらせき込んでしまいそうなほど、すっと爽やかな香りをあたりに放ちまくっている。そして、ちょっとやそっとのことではへこたれないほど頑丈だから、育てようと思ったら苗を買ってきてベランダに出して放置しておくだけで、気がつけばモリモリと成長している。

 そういえば、好きな男性のタイプを聞かれて、「生命力の強いヒト」と言っていた友達がいたっけ。ローズマリーは確実にモテるハーブなのだ。

だから、ローズマリーを使って料理をするときは、茎ごと2〜3本を肉や野菜と一緒にオーブンにでも突っ込んで焼けばいい。直接ローズマリーを口にすることなく、その香りを堪能できるのだ。

 バーベキュー(BBQ)なんかをするときには、何本か持っていくだけで重宝されるに違いない。せっせと肉を焼いている横で、気まぐれにローズマリーをちぎって散らす。あたりにかぐわしい風が巻き起こり、そこにいるみんなを幸せにすることができるだろう。

みじん切りにして隠し味に

でも、それでは、ローズマリーを二枚目のまま使っているに過ぎない。二枚目には三枚目を演じてもらう必要があるのだ。そこで僕はたたずまいの美しいローズマリーをまな板にのせ、「ごめんよ」と言いながら包丁でできるだけ細かく刻む。それがローズマリーだったことを誰も想像がつかないくらいのみじん切りにしたら、ヨーグルトやなんかと混ぜておこう。

相性がいい肉はラムチョップだと思う。塗り込んでマリネしたら、密閉袋にでも入れて、いざバーベキューへ。焼けばおいしいことは僕が保証する。せっかくだから焼く前のプレゼンテーションも楽しんでほしい。

「なに? ラムチョップ? どうしてこんな色をしているの?」

「ちょっとハーブでマリネしてね」

「なんのハーブ? あ、ローズマリーだ!」

「正解!」

「ローズマリーってこんなふうにみじん切りしても大丈夫なのね」

「そのままじゃ二枚目すぎるからね、三枚目を演じてもらったのさ」

「すてき♡」

 ま、きっとそんなふうにはいかないね……。

◆ラムチョップのBBQ焼き・ローズマリー風味
【材料】
ラムチョップ 4本
マリネ用
・プレーンヨーグルト 大さじ2杯
・ローズマリー(みじん切り) 2枝分
・塩 小さじ1/2杯
・にんにく(すりおろし) 小さじ1/2杯
・粉チーズ 大さじ1杯

【作り方】   マリネ用の材料をすべてボウルで混ぜ合わせ、ラムチョップに塗り込んで15分ほど置き、魚焼き用のグリルで12〜3分ほど焼く。

 
posted by terry at 09:11| Comment(0) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

「新型グリル」で広がるBBQの楽しみ方 ラクラクお掃除、ポケットサイズのグリルも登場



みんなでワイワイ楽しめる「BBQ(バーベキュー)」。でも準備や後片付けがタイヘンという人向けに、気軽に楽しめる便利な「グリル」が販売されている。

 アウトドアで食材を豪快に焼いて楽しむBBQを、日本でも楽しむ人が増えてきた。最近は新たなアイデアをプラスしたさまざまな「グリル」が登場している。  デンマークからやって来た「クラフトグリル(1,296円・税込)」は、天然素材だけで作られた使い捨て可能な一品だ。燃料は竹炭、食材をのせる網は竹製で、ベースは国際的な森林管理認証であるFSC森林認証の段ボール。防火のために段ボールの周囲に火山石が配されている。

 使う際は段ボールを組み立て、竹炭に着火すればよい。これで約60分のBBQタイムの始まりとなる。食べ終わって後片付けをするとき、焚き火が可能な場所ならその場でグリルを焼却処分することも可能だ。サイズは、タテ31.5×ヨコ25.5センチとコンパクト。大掛かりな道具はなくともBBQを満喫できる同商品、日本での取り扱いはエープラス(本店:長野県伊那市)。

 BBQシーズンを迎えて注目のグリルをさらに2つ紹介しよう。ひとつは掃除が楽な卓上用。もうひとつはポケットサイズに小さく収納できる一品だ。

 大きめサイズで後片づけが楽なのが「お掃除楽ちんテーブルグリル(5,200円・税別)」。幅が約50センチあるので、たっぷり焼ける。またグリルの火床にはステンレス製遮熱パネルを採用。これは火床の下にある机への熱伝導を軽減する対策だ。グリルのなかには、付属の「BBQお掃除らくちんカバー・FW」を敷くので、使用後の残灰などもカバーごと丸めてゴミ箱へポイ。後片づけも簡単だ。キャンプ場はいうに及ばず、自宅の庭でのBBQパーティーにも大活躍となりそうな同商品、考案したのはロゴスコーポレーション(本社:大阪府大阪市)。

 軽量でポケットサイズに収納できるのは、ビーズ(本社:大阪府東大阪市)の「秘密のグリルちゃん(オープン価格/通販などでの参考価格は、税込5,450円など)」。収納サイズは市販の500ミリリットルペットボトル1本分で、重量も同じだ。使用する際は、焚き火網を広げて脚部を引き出し、食材を焼くグリル部分のパーツをセットすれば準備完了。町ナカでのひとり焼肉、町のソトであればひとりBBQと、のんびりマイペースで、おいしい時間を過ごせるに違いない。

 自然にやさしく、テーブルの上でも、ひとりでも。さまざまなグリルのおかげで、今夏以降はこれまで以上にBBQが身近な存在となりそうだ。

 

 

 
posted by terry at 08:30| Comment(0) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

細やかに強力に焼き上げる、小さなプレート



火力が強く次々と食材を焼けるので、コンパクトなサイズ(42×23p)でも十分。¥9,720

レコルトといえばおひとり様家電〞で知られており、2010年に発売されたポップなカラーの「ソロブレンダーシリーズ」は累計90万台のヒットを飛ばしている。母体となるウィナーズ社が設立されてから、今年で25周年。昨秋に発売された「ホームバーベキュー」は大きさこそコンパクトだが、これまでのラインアップとは一味違った骨太な製品力をもっている。

なにより素晴らしいのは火力の強さだ。炭火を使ったバーベキューコンロと同じような焼き加減を再現すべく、最大700℃まで達するヒーターを採用しており、プレートの温度は平均で250℃、ピーク時には約300℃まで達する。そのため温度復帰力が高く、冷えた食材を載せても常に高温を維持して焼くことができる。安全のためにサーモスタット機能が働くが、中央部でなくプレート全体の温度を見る仕組みになっているので、設定温度よりも低く感じるというような不満がない。底部に水を注いで使う仕様で、本体そのものは熱くなりにくいのもいい。

ホームバーベキューという名にふさわしく、クレープや炒めものに便利なフラットプレートに加え、凹凸の波形をしたバーベキュープレートを付属していて、これがまた使い勝手に優れる。6つのスリットが設けられていて、肉の脂分が水を注いだ底部に落ちるので、煙が立ちにくく、肉を焼きながら常に脂を拭い取る手間も不要だ。

一見、小さすぎるようにも思えるプレートだが、次々に焼けるので2〜3人で使うには十分な大きさ。多めに焼き過ぎて干からびた野菜や肉が積み上がることがなく、食べるペースに合わせて焼ける。厚切りにしたステーキ肉をドンと焼くもよし、豚バラ肉をカリッと焼いてキムチを添えレタスやサンチュにくるんで食す、サムギョプサルを楽しむもよし。鶏モモ肉だって、皮目はこんがり、中はジューシーな焼き上がりで塩だけでもおいしく焼き上がる。

そしてもうひとつ、本体まで水トレイとヒーターをバラバラにして水洗いできるのも、心躍るポイントだ。どんなに脂がハネても大丈夫。いつでもすっきり清潔に保てる。

プレートはつくりたい料理に合わせて、スチーム料理や鍋料理が楽しめる「セラミックスチーム深鍋」や直径4・5pの大玉が15個焼ける「たこ焼きプレート」など、買い足していく楽しみもある。自社のショールームで撮影しているというレシピブックを眺めていると、どんどん料理したくなるから不思議だ。

カラーはレコルトらしからぬ、黒に近い濃いネイビーと、こっくり落ち着いたレッドの2色展開。インテリアのアクセントにしたい人にも、シックにまとめたい人にもお薦めな調理家電だ。

 
posted by terry at 08:44| Comment(0) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

Bluetooth対応イルミネーションスピーカー「JBL PULSEシリーズ」がついに防水対応(IPX7)に! 「JBL PULSE 3」が8月12日(土)より新登場!



[ハーマンインターナショナル株式会社]
ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:トム・メッツガー)は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」から、マルチカラーLEDを搭載した防水対応(IPX7)Bluetoothスピーカー「JBL PULSE 3(パルス3)」を8月12日(土)より発売いたします。

今回発売となる「JBL PULSE 3(パルス3)」は、発売以来ご好評いただいている「JBL PULSE 2」の高機能・高音質を継承しつつ、筐体の設計から見直しをおこない、さらなる高性能を実現したBluetoothスピーカーです。本機の一番の特長であるライト・イルミネーションは、本体上部のアクリルボディにマルチカラーLEDを搭載し、空間をカラフルに彩ります。前モデル「JBL PULSE 2」からパワーアップし、滑らかな発光で躍動感のある美しいイルミネーションが音楽を演出します。また、本体下部に、新設計のスピーカーユニット3基を配置することで、360度どこから聴いてもJBLの迫力あるサウンドが体感できます。さらに、水辺やプールサイドでも安心して使えるウォータープルーフ(IPX7)に対応。万が一の水没にも対応するため、バーベキューやビーチなど屋外でのレジャーを盛り上げるアイテムとしてはもちろん、キッチンや浴室などの日常使いの良きパートナーとしてお楽しみいただけます。
加えて、「JBLコネクトプラス」機能の搭載により、同機能を搭載したスピーカーと100台以上同時にワイヤレス接続することができ、大音量かつパワフルなサウンドをお楽しみいただけます。この夏、迫力のあるJBLサウンドを奏でるイルミネーションBluetoothスピーカー「JBL PULSE 3」で、さらに盛り上がりのあるサマーライフをご堪能ください。

【特長】
■心躍るイルミネーションが空間をカラフルに演出。

JBL PULSE 3は、本体にマルチカラーLEDを搭載し、滑らかな発光で躍動感のある美しいイルミネーションを演出。プリセットされているイルミネーションテーマは全7種類あり、シーンに合わせてお使いいただけます。サウンドに連動し光るイルミネーションテーマもあり、聴く曲、雰囲気に合わせて音楽を目でも楽しむことができます。

●イルミネーションテーマ
プリセットされているイルミネーションテーマは、ウェーブ、ジェット、エクスプロージョン、イコライザー、レイブ、レインボー、ファイアーの7種類で、曲や気分に合わせて選べます。

 
posted by terry at 08:51| Comment(0) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

BBQの達人が伝授! わずかな工夫でお肉の味が格段アップ



住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。 8月2日(水)の放送では、住吉が番組リスナーと一緒に本格的な野外バーベキューを体験してきた模様をお届けしました。

夏の定番といえばバーベキュー。じりじりと照りつける日差しのもと、汗だくで牛肉や玉ねぎを頬張り、キリッと冷えたビールを流し込むのはまさに至福の時間です。でもちょっと待ってください。それは正しいバーベキューの作法にのっとっていますか?

バーベキューって、ただ火の上に網を敷いて具材を焼けばいいわけじゃないんです。火の起こし方から肉を乗せる位置まで、そこには知的な哲学や美学が隠されています。今回開催したバーベキューでは、日本バーベキュー協会の皆さんを招き、ちょっとした手間で味が大きく変化する方法を教えてもらいました。

当日、番組スタッフも半蔵門のスタジオから今回取材協力を頂いた、新型日産エクストレイルに乗って、現場となる東京・お台場の「ダイバーシティ東京」へ出発!

そこで大活躍だったのが「リモコンオートバックドア」です。キーをバッグやポケットに入れたままリアバンパーの下に足を入れて、引くだけで自動的にバックドアが開閉することができるので、大荷物のバーベキューにはうってつけといえるでしょう。

会場であるダイバーシティ東京の屋上施設「都会の農園」は、都内最大級の屋上貸し農園です。今回のバーベキューでは、こちらで栽培する野菜も使用しました。焼き場の準備も万端です。しかし天気予報は雨。みるみるうちに曇天が広がり、開始前にはすでに大粒の雨が……。スタッフの心配が募りましたが、なんと番組で募集した参加リスナーは全員集合。その数30人以上となりました!

「では、乾杯!」「かんぱーい!」。住吉の掛け声とともにバーベキューがスタート。さっそく日本バーベキュー協会・上級インストラクターの重野仁志さん指導のもと、参加者による火おこし体験が始まります。燃えやすい炭の上に長持ちする炭を重ねて火をつける「2段階ロケット方式」がスムーズな火おこしの秘訣です。火付け用の新聞紙は硬く絞らず、空気が取り込むようにふわふわの状態で入れるとよく燃え上がるとのこと。

その後は炭のレイアウトを工夫し、食材を焦がさない方法もレクチャー。炭を一方に寄せ、火との距離を調整すれば、同じタイミングでさまざまな食材を網の上に乗せることが可能に。パチパチと脂身の焼ける音と香ばしい匂いが広がり、各テーブルからは「おいしい!」と未体験の味に喜びの声が上がります。中盤には、鮭のプランク焼きなど一風変わった料理も。さわやかな杉材の風味がプラスされ、しっとりと仕上がった大ぶりのサーモンに参加者も舌鼓を鳴らしました。

さらには巨大な斧状の骨付き肉も登場! 通称「トマホーク」を重野さんが手に取ると、会場からは驚きの声が漏れます。これぞまさに“マンガ肉”。

続いての片手で持ちきれないサイズのシュラスコには、住吉がかぶりつくジェスチャーを見せ、笑いを誘いました。ほかにも竹に生地を巻き何層も焼いていくバームクーヘン体験などイベントも盛りだくさん。「豪雨なんて関係ないね」とばかりに笑顔が絶えず、あっという間に終了の時間がやってきました。

最後に、重野さんが「こんな雨でも工夫すればバーベキューができるということで。今日のやり方を覚えていただければ応用が利き、明日からのバーベキューが格段に変わると思います」とあいさつすると、住吉は「最後まで楽しく過ごせました。こんな土砂降りのなかでバーベキューしたのも初めて。一生忘れない夜になりました」と場を締めくくりました。

また、放送中も住吉は「3時間くらいかな。本当にすごい雨だったんですけど、笑顔の絶えないステキなバーベキューパーティーになりました!」と振り返っていました。

「2種類の炭を使う」「新聞紙は絞らない」「炭のレイアウトに気を配る」……わずかな気配りで格段に快適になるバーベキューの秘訣。今夏はドヤ顔でみんなの前で披露しましょう。あなたの評価が急上昇すること間違いありません。

TOKYO FMでは、「TOKYO FM SUMMER CAMPAIGN “夏を、遊びツクセ!” 〜PLAY IT OUT SUMMER〜Supported by NEW 日産エクストレイル」と題して、7月〜8月の2ヵ月間にわたってラジオ番組と連動し、夏のドライブにオススメの“夏うた100選”や、この夏注目のマリンスポーツにアクティビティ、さらには全国のアウトドアスポットなど、“夏”を楽しむ情報を発信しています。

「特設サイト」では、今回住吉が体験したバーベキューが楽しめるオススメスポットのほか、全国津々浦々のアウトドアスポット情報が満載。夏の予定がまだという人はぜひチェックしてみてください。

posted by terry at 08:41| Comment(0) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

東京近郊の“期間限定BBQスポット”で豊かな自然×食体験



埼玉県飯能市にある飯能河原のバーベキュースポット「リバランタ」が、8月4日(金)から10月31日(火)の期間でオープンする。

「リバランタ」では、昨年も好評を得た新鮮な飯能野菜のバーベキューや、ウインナーやマシュマロを焚き火で炙って楽しむ北欧風“コッコ(焚き火)”に加え、食べ応えのある“オーストラリア産ステーキ肉”のバーベキュー体験や、生クリームを材料にした手作りバター、川遊び体験を満喫できる。

バーベキュー体験

オーストラリア産ステーキ肉 200g と豚ロース肉 100g が用意されている。それをグリルの上で豪快に焼き上げる。ジャガイモやニンジンなどの野菜は、澄んだ空気と美味しい水で育てられた飯能市内の契約農家から届けられる「飯能野菜」を中心とした旬の野菜を堪能。

様々な食体験

直火を使った食体験では、ウインナーやマシュマロを“コッコ”で焼いて食べることで、ガス等による火と直火の違いを体験することができる。生クリームからの手作りバター体験では、生クリームを混ぜ続けると次第にバターに変化していく様子を観察。自分で作ったバターは、焼いたジャガイモにつけて“ジャガバター”として食べるのがおすすめ。

東京近郊でありながら豊かな自然のなかで、食体験と自然体験の両方を満喫できる。家族や友達と特別な時間を過ごしてみて。

posted by terry at 08:34| Comment(0) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

カセットガスで冷える! 夏にうれしいポータブル冷蔵庫



山や海、川などでのレジャーを楽しむために出掛けることが多くなるこの季節。道中の車内や到着先で冷たい飲み物を味わったり、肉や魚、野菜などを傷ませずに持ち運んだりするために、ポータブルタイプの冷蔵庫があると便利だ。

 この「Dometic (ドメティック) COMBICOOL ACX35G」の特徴は、一般的な家庭用コンセント(AC100V)や車のシガーソケット(DC12V)のほか、カセットガスでも使用できるので電源が取れない場所でも利用できるという点だ。カセットガス1本で、約20時間使用可能なので、キャンプやバーベキューなどで活躍すること間違いなし。

 収納部の容量は31Lと広く、一般的な2Lペットボトルなら8本収納できる。冷却性能は、周囲環境温度から最大マイナス25度差まで。本体は14kgあるので、徒歩や電車などで持ち運ぶのは難しいが、オートキャンプ用などの使い方なら十分な性能だろう。

 また、コンプレッサーを使わない冷却方式のため、無振動で静音性にも優れている。普段は寝室や書斎で保冷庫として使い、外遊びでは車に積んで持ち運ぶ…という使い方も期待できそうだ。

 
posted by terry at 08:59| Comment(0) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

手ぶらで楽しめるBBQスポット東京都内・近郊4選 お台場、豊洲、奥多摩……



夏といえばアウトドア、アウトドアといえばバーベキュー(BBQ)という人も多いだろう。ビール片手に大人もうれしい、家族連れなら子どももうれしいが、器具や食材の準備を考えると面倒くさいという人も多いはずだ。そこで、注目したいのが手ぶらで行って楽しめる施設の数々。ここでは、都内近郊で厳選した4ヵ所のBBQスポットを紹介しよう。

手ぶらで行けるスポットのうち、東京都内からのアクセスがよく、ロケーションや食材に特徴のあるところを厳選した。

「船と飛行機を見ながら」――都立潮風公園

海沿いの都立潮風公園のバーベキュー広場は、東京湾を行き交う船と、羽田空港を離発着する飛行機が見える絶景のロケーション。ゆりかもめ「台場」「船の科学館」からは徒歩5分、東京都観光汽船「お台場海浜公園」からは徒歩5分、水上バス東京水辺ライン「船の科学館」からは徒歩5分というアクセスの良さなので、船移動などを交えたデートや家族の行楽などにも向いているだろう。車の場合、公園の駐車場に停めることができる。

この公園では1年を通して10〜16時のデイタイム時間帯のBBQが可能で、9月中の毎日、10月中の金・土・日・祝日は、17〜21時のサンセットタイム時間帯でもBBQができる。それぞれ、デイタイム時間帯は5時間の持ち時間、サンセットタイム時間帯は3時間の持ち時間となっている。

食材と器材がセットになった各種プランは子ども用の「キッズプラン」を除き、4名分より申し込みでき、厚切り牛ステーキなどの肉類や有頭海老、焼きそばなど定番メニューの揃った「レギュラー プラン」1人分3480円 (税抜)。ダッチオーブン料理「ブランデーシュリンプ」を含む「ダッチオーブン プラン」1人分3980円 (税抜)などのプランがある。

面倒なことをトコトン避けたい人には、食材付きのプランに、1人あたり800円をプラスすると、セッティングと片付けをスタッフが行ってくれるオプションサービスがおすすめだ。

●都立潮風公園バーベキュー広場
東京都品川区東八潮1-2 TEL. 050-5835-0493

「お台場の夜景を眺めながら」――デジキューBBQ CAFE デックス東京ビーチ店 日中はお台場ベイエリアの海を、夜はレインボーブリッジと幻想的な夜景を眺められるという抜群のロケーションをウリにするのが、ゆりかもめ「お台場海浜公園」 から徒歩2分、 りんかい線「東京テレポート」から徒歩5分のデックス東京ビーチにある、デジキューBBQ CAFE デックス東京ビーチ店だ。

2017年は10月29日まで各日3部構成での営業となり、1部「11時15分〜14時15分」、2部「15時15分〜18時15分」、3部「19時15分〜22時15分」という時間帯でBBQを楽しめる。全席屋根付きなので突然の雨に困ることはなく、予約時に申し込むと、1テーブル(4名席)につきプラス1000円(税別)で、海側のオーシャンビュー席が確約される。

すべての席にはコンロやチェア、炭、焼き網など一通りの器材が揃っており、食材セットには肉類メインの1980円(税別)の「レギュラーセット」から3580円(税別)の「1ポンドステーキセット」のほか、精肉店から直接BBQ会場へ配達してもらえるサービスもある。

また、SNS映えを狙うなら、土日限定、4日前までの予約で、約2kg・16人前のメガバーガー(9800円・税別)や約1kg・10人前のメガ餃子(6800円・税別)を自らコンロで焼き上げることもできる。この夏の記念に、こういった変わり種BBQにチャレンジしてみてはいかがだろうか。

●デジキューBBQ CAFE デックス東京ビーチ店
東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ シーサイドモール6Fパノラマルーフ TEL.0570-09-0014

「まるで海外でBBQしているよう」――WILDMAGIC The Rainbow Farm 2017年4月にリニューアルOPENした豊洲のアウトドアパークWILDMAGIC The Rainbow Farmは、アメリカ西海岸や夏の野外ロックフェス会場を思わせる、スタイリッシュなBBQスポットだ。

ゆりかもめ「新豊洲」徒歩1分、東京メトロ「豊洲」徒歩10分というアクセス至便なロケーションにあり、営業時間は10時から22時。敷地内はテーマの異なる6つのエリアに分かれており、ネイティブアメリカンのティピテントなナチュラルな雰囲気をかもしだす「VILLAGE AREA」、キャンプファイヤーを楽しめる「FIRE PIT AREA」、海辺に面したデッキエリア「SEASIDE AREA」、ミニプールにより都会のオアシスを演出した「PLANTS&WATER」などが特徴的だ。

コンロ、食器、網、木炭などが込みとなった食材プランは、ステーキなどがついた「スタンダート BBQ Plan」が1人前5000円(税別)。そのワンランク上の「プレミアムBBQプラン」が1人前6000円(税別)。これらに飲み放題がつくと、その内容に応じて1人あたりプラス3000〜4000円となる。

アラカルトでは、メキシコの定番スイーツ「チミチャンガ」や「ポリネシアンバックリブ」など、やはり海外感たっぷりのBBQメニューをチョイスできる。この夏、オシャレにBBQするなら、ここは選択肢から外せないだろう。

●WILDMAGIC The Rainbow Farm
東京都江東区豊洲6-1-23 TEL.03-3531-4447

「奥多摩で釣った魚をその場でBBQできる」――氷川国際ます釣り場
JR青梅線奥多摩駅から徒歩5分という便利なロケーションの氷川国際ます釣り場は、日原川の最下流を岩でせき止めた、広々とした河川が特徴的な釣り場。ビギナーからベテランまで楽しめる手軽な釣場として人気だが、ここでは屋根付きのバーベキューハウスや器具も完備しており、釣りをしながら河原でBBQを楽しめる。

営業時間は11月までは8時から16時。50台収容の無料駐車場を完備し、1日券(釣り放題)が3200円(税込)、半日券(12:00より・5尾まで)が1600円(税込)となっている。原則的に入場は釣りをする人のみとなるが、釣り利用者の同伴者で釣りをしない人は、入場料300円のみで入場することもできる。

釣りについても、釣り道具や餌が有料で用意されているので手ぶらでOK。魚が釣れなかった場合でも、BBQ食材が1人前1550円(3人分から注文可能)で提供されているので、魚が釣れても釣れなくてもBBQを楽しめる。

なお、バーベキューハウスは1人あたり300円、コンロは1500円、鉄板500円、薪は1束600円、炭は3Kg・1200円で提供されている。釣った魚のBBQで内臓の処理は基本的に自身で行うが、有料でスタッフにお願いすることも可能だ。

歩いてすぐのところには、「奥多摩温泉もえぎの湯」や「氷川キャンプ場」などもあり、移動の手間なく奥多摩駅周辺エリアでのアウトドアを楽しめるのも大きな魅力だ。夏のBBQといえば海のイメージだが、今年は渓流での魚BBQにトライしてみてはどうだろうか。

●氷川国際ます釣り場
東京都西多摩郡奥多摩町氷川397-1 TEL.0428-83-2147

BBQスポットの中には空きさえあれば予約なしで利用可能なところもあるが、やはり、混み合う時期は予約したほうが無難であり、予約なしでは利用できないサービスも少なくない。手ぶらで行くにしても、予約だけはしっかりしておきたいところだ。

posted by terry at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする