ネットサービス









暮らしとショッピング







日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花






2018年08月07日

みなとみらい万葉倶楽部屋上に「横浜港を臨むBBQビアガーデン」



温泉施設「横浜みなとみらい万葉倶楽部」(横浜市中区新港2)は、横浜港を一望する屋上ベイブリッジデッキで「横浜港を臨むBBQビアガーデン」を開催。期間中は同館8階の屋上ベイブリッジデッキをビアガーデンとして開放し、横浜工場直送のキリン一番搾り「極冷え生」をはじめ、スパークリング日本酒「澪-WHITE-」、各種カクテルやサワーなどのドリンクを飲み放題で提供する。

メニューは、バーベキューの量り売り(1グラム9円〜)、チーズダッカルビのホイル焼き、烏賊のホイル焼きほか。また、ビアガーデン期間中の土・日曜/祝日、お盆期間を中心にアーティストによるミニライブも行う。ビアガーデンの営業時間は17時〜22時(21時30分ラストオーダー)。

ドリンク飲み放題の料金は大人2時間1,900円(ビアガーデンの利用には入館料が必要)。

事前予約は(TEL 0570-07-4126)。

9月2日まで。
posted by terry at 08:44| Comment(0) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

BBQコンロをフル活用するおもしろ調理器具5選



夏です! BBQの季節です! みんなで集まって、真っ昼間から肉を焼いてビールで乾杯! 最高ですよね。

ところで、BBQで食べるモノって肉だけですか? えっ、野菜も食べる? 〆は焼きそば? いいですよね、定番コース。コンロを囲んでみんなでワイワイするのは楽しいものです。でもたまには、いつもとはひと味違うBBQにしてみたいと思いませんか?

そこで、BBQコンロを使って、いつもと違うメニューを楽しめるアイデアグッズを集めてみました。次のBBQで披露して、楽しんでみてはいかがでしょうか。

■鉄板料理もできちゃうコンロでピザを焼こう! いきなりですが、もしコンロを新調しようと思っているなら、こんなコンロはどうですか? ロゴスの「eco-logosave ストリームオーブングリル/S80L」は、鉄板が付属しているんですが、この鉄板がポイント。普通に焼きそばなどを作る時に使うだけでなく、フタとして使えば、コンロがオーブンに変身! ピザだって焼けちゃいます。

■コンロに乗せればピザも焼けるし燻製もできる!

コンロは今あるものを使うのであれば、コンロの上に乗せて使えるグッズがオススメ。DODの「すごいよカオルさん」は、パッと見は燻製器ですが、燻製以外にも使えちゃうんです。中でもオススメは、コンロの火を利用してオーブンにしちゃう使い方。そこまで大きいモノは無理なんですが、ミニサイズのピザなら焼けちゃいます。ちなみに火起こし器としても使えるので、まずはコンロで使う炭の火起こしをして、中を洗ったら次はピザを焼いて、最後は燻製を作っておつまみに。みんな驚いて、そして喜ぶこと請け合いです。

>> ピザまで焼ける!ひと味違うBBQを演出してくれる火起こし器

■クルクル回して肉の丸焼きを作ろう!

通常の火とは異なり、炭火は赤外線を発します。赤外線には近赤外線と遠赤外線の2種類があり、このふたつの赤外線によって食材を内と外の両側から加熱してくれます。なんだか難しい話ですが、要するに塊肉を焼くのにピッタリってことなんです。表面はパリッと焼きつつ、内部にも火を通せる。そんなこと知ったら、やっぱり肉焼きたくなりますよね。そこでオススメなのが、TSBBQの「ローストスタンド」。コンロの網の上にセットして、付属のサーベルにブスッと塊肉を刺したら、あとはスタンドに乗せてクルクル回しましょう。あの憧れのマンガ肉が焼けちゃいますよ。

>> コンロの上で塊肉を焼ける!ローストスタンドでBBQを盛り上げよう!

■たこ焼き器風クッカーでアイデアおつまみ!

BBQコンロだからって、網焼きだけしかやっちゃいけないわけじゃありません。家庭用のコンロやカセットコンロと同じで、熱源だと考えればいろいろできそうだと思いませんか? 直接火にかけられる調理器具なら何でも利用しちゃえばいいんです。たとえばこのコールマン「おつまみクッカー」。半球形の穴を見ると、たこ焼き用と思ってしまいますが、それじゃあもったいない。例えばアヒージョ。他にもミニオムレツとか、ミニ焼きおにぎりとか、アイデア次第でいろいろ作れそうだと思いませんか?

>> たこ焼きでもいいけど工夫次第でキャンプの夜を充実させられますよ

■ホットサンドメーカーのようなたい焼き器でアイデアたい焼きを焼こう!

こちらのハイマウント「たい焼きメーカー」も直接、コンロの上に乗せて使えるモノです。が、誰がどう見ても、そして名前から考えても、さすがにたい焼きしか焼けそうにありません。でもいいじゃないですか。アンコじゃなくて、ハムチーズを入れても良し、BBQで余った食材を入れるも良し。なんでもたい焼き型に焼いちゃいましょう! あれ入れよう、これ入れようと盛り上がること間違いなしです。

>> これ楽しそう!"たい焼き”作りでキャンプに遊び心を!










posted by terry at 09:33| Comment(0) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

フライパンでBBQ!おうち串焼きを楽しもう♪



フライパンでジューシー串焼き
お天気を気にせず、牛、豚、鶏いろいろなお肉を串焼きにすれば、おうちでBBQ気分が楽しめます♪串に刺すことでテンションアップ!フライパンで串焼きをおいしく焼くコツは、短時間の強火と蓋を使うこと。ジューシーに焼き上がりますよ。特に鶏肉は焼き時間が長いとぱさつくので気をつけましょう。

スパイスや香味野菜で食欲増進
塩、こしょう、にんにくなどでしっかり下味をつけると、シンプルな串焼きも最後までおいしく食べられます。しそなどの香味野菜を合わせると爽やかな香りがアクセントになり食欲増進!七味唐辛子を振るのもいいですね。いろいろな味のバリエーションを楽しめるのもおうち串焼きのいいところです。

旬の夏野菜が主役!
夏野菜で彩り鮮やか、見た目も楽しめる串焼きはいかがですか? にんじん、かぼちゃ、ズッキーニを豚バラ肉で巻いて串焼きにすると、野菜に豚肉の甘さが加わり旨みのあるおいしさに。めんつゆバターのタレを絡めて、あと引く旨さに。ししとうやオクラなどの野菜を巻くのもおすすめです♪ミニトマトと豚肉の串焼きも、焼きトマトで甘酸っぱくジューシーな串焼きになり、野菜と一緒だとたくさん食べられます。

簡単で、家族みんなで楽しめるフライパン串焼きはいかがでしたか?串に刺すところから食べるところまで楽しめますね。ぜひこの夏、おうちで試してみてください。


posted by terry at 08:26| Comment(0) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月02日

グランピング船で本格BBQ



デッキは全面人工芝 開放感抜群の2時間

手軽で豪華にアウトドアを楽しむ「グランピング」。今や、定番となったアウトドアの新スタイルだが、ついに舞台は水上へ。バーベキューが楽しめる船「MERRY GREEN(メリーグリーン)」が1日から就航する。一足早く試乗会に参加。大阪市内の川を周遊し、水都・大阪を食とともに満喫した。

 「One Osakaリバークルーズ」(大阪市、堀感治社長)が運営。船の大きさは全長14・16メートル、高さ3・4メートルで、最大60人までが乗り込める。

■全長8キロコース  周遊のスタートは、天満橋の八軒家浜船着き場。赤と白で塗装された船に乗り込むと、足元は人工芝のカーペット。「自分だけの公園というイメージです」とマネジャーの藤原久美子さん。デッキに人工芝を敷き詰め、“グラマラス感”を演出したという。さらに、1階の船首はステージになっており、ジャズの生演奏、DJパフォーマンスも可能で、パーティー会場としての用途も想定している。

 周遊ルートは、まずは大川を北へ、大阪市中央公会堂を眺めつつ、難波橋手前でUターン。南は毛馬橋を越えたところで折り返す全長8キロのコースを2時間かけ周遊する。

 猛暑が振るう毎日だが、水上は風が心地よい。特に2階は全面に人工芝が張られ開放感は抜群。両岸の緑が茂る遊歩道やマンション、ビル群を水上から眺めるのも新鮮。暑さが気になるところだが、元は屋形船だけに、1階の室内は空調が入り、快適に川の景色を楽しむこともできる。

■ぜいたくな時間
 肝心のバーベキューは、特大グリルを使用する本格派。海鮮や野菜を含む食材セットは、貸し切りは1人5500円から、乗り合いは1人6千円からで、食材・飲料持ち込み自由の「オールフリーコース」もある。

 大阪市内の公園は一部を除いてバーベキューは禁止。「大阪の真ん中で堂々とバーベキューを楽しんでほしい」と藤原さん。まさに、ぜいたく極まりない?

 就航は午後5時と同7時半の2回。詳細は公式ホームページ(https://merrygreen.jp/

posted by terry at 08:16| Comment(0) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

流しそうめん、かき氷、BBQ。大人も楽しい夏の調理家電って?【プロが選ぶ夏の必須アイテム50】



サマーシーズン到来!関東では観測史上最速の梅雨明けが記録されるなど、今年の夏も、かなりの暑さが予想されている。今回は、そんな夏を楽しく、快適に過ごすためのアイテムを大紹介!!夏のレジャーをより楽しくしてくれるもの、暑さを和らげ、快適な空間を実現してくれるものなどを、50アイテム厳選した。これさえあれば、夏はもっと、もっと“アツく”なる!!

夏の暑さを満喫できる涼しい調理家電が勢揃い!!
暑い季節がやってきた。調理家電で「涼」を取るとしたらやはり冷たいデザートや料理ができる製品に注目したい。その中でも、まさに夏! と言えるメニューが「流しそうめん」だ。近年では自動的に水の循環を行う連動の流しそうめんマシンが数多く登場している。

中でもコンパクトで使いやすいのがドウシシャの『大人の流しそうめん』。ネーミングに「大人の」とは書いてあるが子供と一緒に楽しんでももちろん喜んでくれる。取り切れなかった麵を溜める桶にも流れるギミックが搭載されているのもユニーク。

逆に暑い夏だからこそ熱く楽しみたいという人には本格派のバーベキューグリルが魅力的。専用に配合した強力なガスで塊肉を焼き上げれば、暑い屋外でのバーベキューでも盛り上がるはずだ。後はキリッと冷えたソーダやかき氷、手作りアイスが作れるスイーツ家電で火照った体を締めれば、必ずや夏のイベントを満喫できるだろう。

No.1
ソーダストリーム
Source v3 スターターキット
実勢価格:2万520円

手軽に強炭酸ソーダが作れるソーダメーカー。ハイボールなどお酒を割るソーダが作れるほか、別売のシロップで味付けすることで、手軽に炭酸飲料が作れる。 飲み物だけでなくデザートにも使える。ガス注入時に光るLEDライトで、炭酸の強弱が一目で分かる。

No.2
氷水でキリリと冷やしたそうめんが楽しめる!

ドウシシャ
大人の流しそうめん
実勢価格:8100円

上部にセットしたそうめんが水の流れに合わせて3周回って降りてくる流しそうめんマシン。回転プロペラに6つのポケットが用意されており順番にそうめんが落ちていく仕組み。流れ落ちたそうめんも桶の中の水流で回転し続けるので、桶の中でも流しそうめんが楽しめる。

No.3
ツインバード工業
フローズンスイーツメーカー KI-DF85G
実勢価格:4260円

スティック型かき氷器。刃を交換することで、ふわふわとシャキシャキの2つの食感を作り分けられる。ドレッシングやジュースを凍らせて、それをかき氷状に削ることで、ひんやりとした夏らしい料理やスイーツが楽しめるなど、アイデア次第で無限の可能性がある。

No.4
好みの甘さやテイストのアイスクリームが自在に作れる
ハイアール
アイスデリ グランデ
実勢価格:7770円

材料を入れるだけで簡単にアイスクリームが作れる家庭用のアイスクリームメーカー。ペルチェ冷却方式を採用しており、冷凍庫で事前に機材を冷やす必要などがないため使いやすい。有効内容積1000mlでたっぷり作れるので、いっぱい食べたい人、ホームパーティなどでたくさんの来客に供したい人にもおすすめ。

材料を入れてボタン押すだけでアイスクリームが完成。冷凍庫も使わない。

No.5
ガスのハイパワーが屋外BBQで大活躍!
ウェーバー
Q1250 キャンプQスーパーセット グリドル&カバーセット
実勢価格:4万2890円

キャンプ用品などで使われているアウトドア用ガス缶で運用できる日本向けに開発されたバーベキューグリル(ブタンガスとプロパンガスを独自に配合した高火力な専用ガス缶を推奨)。同梱される鋳鉄製グリドル(鉄板)や、鋳造アルミニウムカバーにより、高い蓄熱性を実現。火力の強さもあり、塊肉や、鳥の丸焼きなどにも対応する。








posted by terry at 09:15| Comment(0) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

日本海の幸でBBQ 城崎温泉街に新店 10月



兵庫県豊岡市城崎町の城崎温泉街に10月、日本海の新鮮な海の幸を自分で焼けるバーベキューを売りにした飲食店「ときわガーデン」がオープンする。地元の旅館や鮮魚店など3社が出資。外食の分野で温泉街のサービスをより充実させ、城崎を訪れる観光客の満足度アップを目指すという。(秋山亮太)

 店の建設地は、外湯の一つ「地蔵湯」の西側で、「城崎温泉駅」から続く通りと、大谿川沿いのヤナギ並木の通りとが交差する場所の角地。出資した旅館「ときわ別館」の本館がかつてあった場所で、新店舗の店名の由来にもなっている。店は黒を基調とした木造平屋で、屋内の広さは約155平方メートル。席数は同温泉街の飲食店としては規模が大きい約60席となる。

 日本海で取れる魚介類を使った料理を中心に提供する。目玉は、地物の魚や野菜などが味わえるバーベキュー。店内奥に大きなバーベキュー台を備え、客がその場で焼いて食べる方式。事業をプロデュースする古田篤司さんは「魚の生食を控えがちな外国人観光客だけでなく、日本人のお客さんにも、旅館とは異なる日本海の味を楽しんでもらえる」とする。

 川沿いに面するカウンターは「コーヒースタンド」としても利用可能。昼食や夕食以外でも、観光客が気軽に立ち寄れる場所にする。このほか、店内では海産物の加工品も販売する。

 出店のきっかけは2年前、同旅館の原良式社長が、旅館の本館があった土地を活用したい、と「まち再生プロデューサー」として城崎の活性化に携わる古田さんに相談したことだったという。

 同温泉街では近年、外国人観光客が急増。長期滞在する人も増え、旅館の食事だけでなく、飲食店などで外食したいという需要が高まっているという。そうした背景から、飲食店が観光業のさらなる活性化に貢献できると判断。同旅館のほか、城崎の鮮魚店「おけしょう鮮魚」と、カフェを複数経営する企業「マーブル」(京都市)の3者で合同会社を設立した。事業費は約8千万円。社員やアルバイトも新たに雇う。

 10月のオープン以降は当面、昼と夜の通しで営業する。将来は朝食時にも利用できるようにしたいといい、合同会社の代表を務める原社長は「城崎に来て、泊まって良かったと思ってもらえるような店を目指し、オープンまでの準備に力を入れたい」と話している。

posted by terry at 08:48| Comment(0) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

BBQの面倒をすべて解消する「神の文明」があった…!



BBQ人生で一番の衝撃でした。みんなにも体験してほしい。

バーベキューって楽しいけど、荷物とか準備とか片付けとか意外と面倒ですよね。

しかし、そんな面倒をすべて解消する「神の文明」が東北に存在するのです。

その名も「バケツジンギスカン」!

岩手県・遠野が発祥のバケツジンギスカン。東京・渋谷で体験できる野外イベントがあると聞き、先日さっそく行ってきました。

イベントを主催した東京カルチャーカルチャーの横山シンスケ店長がこのバケツジンギスカンの虜になり、布教せずにはいられなかったとか!

まず驚いたのは、準備が1分かからないこと。

穴あきバケツに入れた固形燃料に火をつけてジンギスカン鍋を乗せるだけ。

焼きます。

食べます。う、うめえ…!!!

本場では「いいちこ」がバケツジンギスカンの友。持ち歩きやすいワンカップもあるんですねー。

炭酸水で割って飲むとさわやか。永遠にジンギスカンを食べても胃もたれしません。岩手のライフハックすごい!

予想外によかったのは、火力がしっかりしてるので5〜6人で焼いてもサクサク肉を食べられること。

で、楽しんだ後の片付けですが、

鉄鍋をこう…もちあげるとですね…

えっ…ぜんぜん汚れてない。鉄鍋しか洗い物ないじゃん!

今までの苦労は一体なに? 夏がはかどる予感しかしないんですけど!!!

バケツジンギスカン、人生観変わるような体験だったので本当におすすめです。チャリで気軽にBBQしにいけるわ〜🍖


posted by terry at 08:34| Comment(0) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

アウトドアとキッチンの2wayをめざした軽くてサビにくい「ダッチオーブン」誕生



[株式会社山谷産業]

ライトステンレス ダッチオーブン10

スタイリッシュなバーベキュースタイルを提案するアウトドア・ブランド「TSBBQ(ティーエスビービーキュー)」が、商品化第3弾となる「ライトステンレス ダッチオーブン10」を2018年8月7日(火)に発売いたします。

日本有数のものづくりの町「燕三条」にある株式会社山谷産業(本社:新潟県三条市、代表取締役:山谷武範、ECサイト:村の鍛冶屋)が企画・製造・販売する「TSBBQ」の第3弾は、軽さとメンテナンスのしやすさにこだわったダッチオーブン。アウトドアシーンとキッチンの2wayスタイルをめざして、一般的な鋳鉄製のものより約30%軽く、洗剤でしっかり洗える画期的な製品をつくりました。

特徴的なのは、ダッチオーブンでは世界初となるその素材です。ステンレスとアルミの3層構造鋼板を採用し、軽量化と高い熱伝導率、そして汚れはおちやすくサビは付きにくいという抜群の扱いやすさを実現。さらにつるを脱着式にすることで、アウトドアと家庭用キッチンの両方に対応できるよう設計しました。

油でコーティングするなど手間のかかるメンテナンスを不要にし、凝った料理もおいしく仕上げる、軽さが際立つダッチオーブン。これからも、日常にアウトドアの楽しさを取り入れたアイテムで、日本のバーベキューをおしゃれに変えていきます。

■ 「TSBBQ」第3弾 商品概要
品名  ライトステンレス ダッチオーブン10(脱着式つる付き)
サイズ 内径約255mm、内面深さ約115mm(容量約5.4リットル)
重量  約4.18kg
素材  本体:ステンレス・アルミ三層鋼、蓋・つる:ステンレス
価格  18,000円(税別)

■ 関連商品

・ ローストスタンド 9,800円(税抜)
・ ホットサンドメーカー 3,000円(税抜)
・ マグカップ   2,500円(税抜)
・ ドリッパースタンド
 スタンドウッドパーツ 2,000円(税抜)
・ ペグ4本セット 1,200〜1,600円(税抜)

■ アウトドア・ブランド「TSBBQ」 とは

ものづくりの町「燕三条」の金属・木製品加工技術を結集し、株式会社山谷産業がアートディレクターの石川竜太氏、プロダクトデザイナーの高橋悠氏とともに立ち上げたアウトドア・ブランド。「Try! Stylish BBQ!」をコンセプトに、欧米で親しまれているパーティ・バーベキューをイメージした商品を展開中。ブランド名には地域を表す「燕三条」の頭文字「TS」を冠しつつ、ロゴマークにも三本線(三条市)の上を燕(燕市)が飛ぶデザインを取り入れ、BBQに欠かせない金網を表現しました。

■ ものづくりの町「燕三条」 とは

新潟県にある燕市と三条市は、ともに日本有数の金属加工技術をもつ地域。江戸時代をルーツとする鍛冶技術は、プレス・金型・成形・鋳造・研磨などの加工技術へと受け継がれ、「燕三条」のものづくりとして世界でも高い評価を得ています。

■ 上記に関するお問い合わせ先
株式会社山谷産業 TEL 0256-38-5635
http://www.yamac.co.jp (「お問い合わせフォーム」からお問い合わせください)
<TSBBQ WEB> http://www.yamac.co.jp/tsbbq/

posted by terry at 08:55| Comment(0) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

神戸元町に大人時間を満喫できる貸切BBQオープン!



夏は暑さを乗り切るために、気の置けない仲間たちとワイワイBBQを楽しみたい!そんな要望に応えてくれるのが、1組限定で貸し切りBBQが出来るスポットが神戸元町にオープン。

SORASITA 神戸元町は、『空【SORA】の下【SITA】で心に残る思い出を』をコンセプトに、屋上の空間を1組限定で貸切にできて、手ぶらで本格BBQを楽しむ事が出来る「SORASITA」2号店となる。

神戸元町駅より徒歩3分の好立地の屋上で、「神戸牛が味わえる」嬉しい空間だ。

■貸切だから落ち着いて楽しめる
屋上からの景色を眺めながら、ゆったりとした大人の空間の中で、6名から貸切で神戸牛の本格BBQを楽しむ事が可能。

■異国情緒あふれる空間
店内は2つのエリアに別れており、バーベキュー専用の貸し切りエリアと、バーエリアとなっている。バーエリアでは備え付けのビールサーバー、全天候型音響機材など、特別な空間で最高のBBQが楽しめる。飲み放題のプランもあり。

■地産地消を大切にした食材にも注目!
神戸で肉といえばやはり「神戸牛」。空間にこだわりを持っているからこそ、食材にもこだわって、神戸の食材を存分に味わえるように、神戸牛が用意されている。

料金:5,000円〜12,000円
人数:6名〜25名
メニュー:季節野菜、特選ハラミ、神戸ポーク、黒毛和牛内モモ、黒毛和牛サーロイン、神戸牛サーロイン ※プランによってメニュー内容は変更

家族や友人同士、大切な人たちと気がねなく楽しめる大人のBBQ。神戸の美しい景色を眺めながら、神戸牛を堪能して欲しい。

場所:兵庫県神戸市中央区北長狭通3丁目5-5 RF

URL:https://www.sorasita.com/store/kobemotomachi/
予約:https://select-type.com/rsv/index.php#cal_area

posted by terry at 08:29| Comment(0) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

おいしい夏 簡単・手軽にスマートBBQ



<くらしナビ ライフスタイル>

 夏休みに屋外で楽しむレジャーといえばバーベキュー(BBQ)。近年は準備や片付けの負担を軽くした「スマートバーベキュー」が注目されている。また、強い日差しや急な大雨を避け、自宅リビングで開くスタイルも広まりつつある。

 ●丸焼き肉をシェア

 「丸焼きの肉をみんなでシェアするのが本来のバーベキュー。お肉を囲んで家族や仲間たちとわいわい楽しんでください」と教えてくれたのは、日本バーベキュー協会認定の上級インストラクター、田中敬二さん(40)だ。日本では薄切りの肉や野菜を焼きながら食べるのが主流だが、本来のバーベキューは牛や豚などの肉の塊を長時間かけて蒸し焼きにし、大勢に振る舞って飲食を共にしたのが由来とされる。ハードルが高そうだが、協会が提案する「スマートバーベキュー」という考え方なら初心者でも楽しめる。田中さんは「簡単で手軽、環境にも優しい」と説明する。

 食材はなるべく現地調達し、ごみを持ち込まないよう下準備は家でする。正しい火力で食材を炭にしない。ごみや炭は埋めたり捨てたりせず、来たときよりも美しくして帰るのが鉄則だ。道具はグリルや着火剤、トング、クーラーボックス、テーブルなどの基本セットに加え、スマートバーベキューに欠かせない「三種の神器」をそろえたい。

まずは、手際よく炭をおこせる円筒状の火おこし器「チムニースターター」。炭を入れて火をつけた新聞紙を置くだけでよく、うちわであおぐ必要がない。次に「水鉄砲」。肉を焼くと、したたり落ちた脂が炭に引火して炎が上がり食材が焦げたりすすがついたりするので、ピンポイントで炭火を狙って勢いを抑える。子どもにこの役割を与えると喜んで手伝ってくれる。三つめは「火消しつぼ」。炭を入れてふたをすれば火は消え、燃え残りは再利用できる。炭は土に返らないので持ち帰ろう。ほかには▽肉の内部の温度を測る「肉芯計」▽まな板代わりのカッティングボード▽シリコーンはけ−−などがあれば便利だ。

●野菜はまるごと

 焼き方にも差をつけたい。炭のレイアウトは「スプリットツーゾーン・ファイア」が最適。グリルの両サイドに炭を置き、中央にアルミホイルを敷く。両サイドは炭火の火力で、中央部分は遠赤外線でじっくりと中まで火を通すことができる。食材によって使い分けられるので便利だ。

 焼く順番は、最初は牛ステーキ肉がお薦めだ。分厚い肉を炭火の上で焼き、焼き色が付いたら弱火ゾーンに。数分置いてから一口大にカットする。「手のひらより分厚ければふたをする。重し用のレンガにアルミホイルを敷き、肉を押さえつけると網目がつき、よりおいしく見えます」と田中さん。野菜はまるごと焼くとおいしい。オリーブ油をぬってアルミホイルと炭の境界線で焼く。ピーマンはうまみが中にたまってジューシーに。シイタケはかさを上にして塩をふる。トウモロコシは皮付きのまま蒸し焼きに。タマネギはアルミホイルに包んで炭の中へ。鶏手羽元や豚スペアリブなどはタレに一晩漬け込んでおき、グリルの中央部分で中までじっくり火を通すとよい。

 ●半数が自宅で開催

 バーベキューへの関心は年々高まっており、近年は自宅、とりわけ室内で楽しむ人が増えているという。エバラ食品工業(横浜市)が2015年に実施した調査では、バーベキューの開催場所を「自宅(親戚・友人宅を含む)」と回答したのは53・1%。定番の「河川敷」(19・3%)や「バーベキュー場」(16・9%)を大きく上回った。同社は「急激な気温上昇による熱中症リスクや、急な大雨など天候の影響を受けやすいからでは」と分析する。

 室内でバーベキューができる調理家電の売れ行きも好調だ。東急ハンズ池袋店(東京都豊島区)はホットプレートの特設コーナーを設置。食卓で場所を取らない大きさで、分厚い肉を焼ける商品もある。売り場責任者の中野佳奈さん(25)は「夏休みのホームパーティー用として需要があり、結婚祝いなどのギフトにも選ばれています」と話す。

中でもウィナーズ(東京都渋谷区)が「レコルト」のブランドで販売する「ホームバーベキュー」は16年の発売以降、幅広い世代から注目を集めている。最大火力は250度で、卓上で本格的なバーベキューが味わえる。プレートにある六つの穴から肉の余分な脂を落とし、こんがりと焼き目がつく。トレーに水を入れて使うことで臭いや煙を大幅に軽減。丸洗いもできる扱いやすさが人気だ。

 こうした調理家電を使って室内でバーベキューをすれば、非日常の気分が味わえる。豪快に焼いた肉に野菜をバランス良く取り入れることで、普段野菜が苦手な子どもも自然と口にできるかもしれない。この夏は屋外はもちろん、室内でもバーベキューを存分に楽しんではいかが。


posted by terry at 09:26| Comment(0) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする